Top

所在地・アクセス

診療時間・カレンダー

矯正歯科治療の意義

治療の流れ

治療費について

クリニックツアー

歯科用CT

矯正歯科治療中のハミガキ

よくあるご質問(FAQ)

装置が壊れたら・・・

院長紹介・当院の特徴

お問い合わせ・予約

リンク

ブログ

facebook

セカンドオピニオンの受入れについて


 
 セカンドオピニオンとは「現在矯正歯科治療を他院で受けている」、または「他院で検査・診断が終わりこれから矯正歯科治療を受けようとされている」場合に、今後の治療方針で何通りかの選択肢を提案されて迷われる場合等に、主治医以外の歯科医師の意見を聞いてみるという方法です。具体的には主治医の先生から現状を評価するための分析資料一式を当院でお預かりして(受診後に返却します)、当院でそれを客観的に評価して「今後の治療方針決定の際の意見を参考にしていただく」というシステムです。つまり、当院で新たに検査・治療を行うのではなく、あくまで第三者として「今後の治療の進行についての意見をご提案する」と言う流れになります。

 時に、初診相談のご予約の電話で「現在○○歯科で矯正歯科治療中ですが、この方法で本当にいいのか、今診てもらっている先生に内緒でセカンドオピニオンを受けたい」と言ったご相談もありますが、当院では「現在治療中の医院の主治医の先生の許可なく矯正歯科治療の継続・内容評価をする」ことは一切受け付けておりません。あくまでセカンドオピニオンは「現在の主治医と相談のうえで第三医療機関に意見を伺い、患者さん自身で治療方法を選択して行く事」ですから、患者さん自身で一方的に他院を受診・相談を受けることは「セカンドオピニオンを受ける」とは言えないのです。従いまして、当院では下記の相談には一切応じていませんのでご了承ください。





1. 主治医からの情報提供が得られない、セカンドオピニオンの受診を了承していない相談
2. 主治医に対する不満や苦情の相談
3. 主治医に未承諾の転医の希望・転医を前提とした相談
  ※転居等で診療継続が困難で、主治医の先生から正式に診療継続依頼がある場合に
   限り転医を承っています
  ※また、通院先の歯科医院が何らかの理由で休診にある等の理由で、一時的に治療を
   継続希望等で来院されても当院では治療内容・計画が全く把握できませんので、この
   ような場合の受診も一切お断りしています。
4. 訴訟等を目的とする相談
 ・ 医療ミス・医療過誤の有無を調べること
 ・ これまで行われた治療が正しかったかどうかの確認
5. 既に終了した治療、死亡した者を対象とする相談
6. 医療費、医療給付に関する相談





セカンドオピニオンの費用について


当院でのセカンドオピニオン受診については下記の費用を設定しています。


〇基本料金(保険適用外):30分以内の相談で\22,000-(以下、税込)
 
 30分を超えて以降、15分単位毎に¥5,500-を課金します。例えば31〜45分の相談で合計\27,500-、46〜60分の相談で合計¥33,000-・・・となります。また、受診後に主治医の先生へ報告書をその場で作成しますが、その作成時間=報告書完成までの待ち時間も相談時間に含まれます。



セカンドオピニオン受診は初診相談と同じく完全予約制です。相談の時間を有効に使えるよう、受診前に主治医の先生からお預かりする分析資料等を予め当院まで郵送されることをお勧めします。



homeへ